記事一覧

生ゴミ堆肥

 



新聞でくるんで、水分を減らし、
次の日、土嚢袋に入れ、糠をまぶし、よく混ぜる。



たまったので、畑へ。



穴を掘って、生ゴミを入れ


埋める。


どこに埋めたか分からなくなるので、
藁で目印に。

生ゴミ堆肥を作り始めて、数カ月。

夏場、心配だったが、しっかり水を切ることと、
毎日混ぜる事で、暑い時期でも、大丈夫みたいだ。


生ゴミを燃やすのは、沢山のエネルギーが必要。

堆肥にすれば、次の野菜の栄養に。

私は、こちらの循環が心地よい。


出来ることを、ひとつずつ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ははのて

Author:ははのて
台湾式リフレクソロジー(若石)
黄土薬草蒸し
昔ながらの暮らしを取り入れ 日々を過ごしたい。