FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年前(再投稿)

家業

2015/04/2621:59


仲良くしていただいている方に教えていただいたブログに書かれていて、心に響いた記事です。

………………………………………
昔、一村一品運動というのがあったようだが、これからも家業を作ると強い。

事業というような大げさなものではなく、家業をつくる。
大企業がこれからはダメになっていく上に、その前には小企業がきつくなるだろうから、家業がある人は強い。

ひとり一品でもよいが、家族や仲間と一緒の方が楽しいし規模も多少は大きくなるだろう。
時給をもらって外に出ていても、もうこき使われるだけでもうからない、、、そういう傾向が顕著だろうから、ならば家業を作ることだ。

何をするかは考えればあるものである。

大企業のシステム不全が起こるときは流通も弱体化するだろうから、地域経済となっていく。
それもかなり限定された小さな地域にやがてなっていくと思う。

すでにアメリカではこうした傾向が出ており、大手のスーパーや全国チェーンの店で物を買うよりも、小さな近所の店で、、、という逆転現象が起こりつつある。
これは日本でもいずれそうなっていく。

その時、どこにでも売っているものよりも、手作りの安心できる物がいい、という形になる。
工場通しで作られたものは、ほとんど体によくないものが多いので、一度こうした流れが芽生えたら意外と早く家業の時代が来るかもしれない。

せいぜい、ご近所の数百件の家を相手にすればいいのだから、営業も楽である。
口コミもすぐに効く。

ただし、本当に良いもの、本当に良心的なもの、、、でないとこれからはダメ。
売れるからといって味を落とす、心がこめられなくなる、、、というものはすぐに淘汰される。
しかし頑固によいものを良心的に作り続ければ、きっとうまく行く。

大きな儲けは期待できないだろうが、そこそこの利益と、仕事に対する誇りが得られる。
そして正しい収入によって生活する喜びは家族に共有され、人間がまともな成長を見せるようになる。

これなら人を喜ばせることができるかも、、、、という原点に立ち返り、それぞれがそれぞれの家業を起こす、、、、これも楽しい時代をつくる大きなカギのひとつとなるだろうから、民主党もこうした動きを応援してほしいと思う。
………………………………………


斜め前のお宅の方が作られている苺。


「苺、今年はまだですか~?」

「ちょうど今取ってきたから置いたで~」


一パック買って実家へ。

お昼ごはんのデザートに母に食べてもらうと、


「久しぶりに美味しい苺食べたわ~
スーパーで買うあまおうより美味しいわ~」

ほんと、美味しかった。

そして、嬉しかった。



こういうもののやりとりが当たり前の世の中が、再びやってきますように。

私も、家族に大切な人に喜んでもらえる事、積み重ねていきます。

私自身の心が喜ぶことを。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ははのて

Author:ははのて
台湾式リフレクソロジー(若石)
黄土薬草蒸し
昔ながらの暮らしを取り入れ 日々を過ごしたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。