記事一覧

紡ぐ

保養キャンプに参加される方から、原始織を皆でしたいので貸してほしいと連絡があった。

夏休み、時間はたっぷりから、
「色々作ろう!」と思っていたけど、なかなかやる気が出なかった。

連絡があって、やる気スイッチが入った。

今日、1日紡ぎ、縦糸をはり、少し織って、準備完了。
娘と息子がほぐしてくれた羊毛を、紡ぐ。

色々な想い、祈りを込めて…
自分らしい糸ができました。

紡ぎ。

夏休みは、母も子もいらいらしがち。

紡ぎ始めると、気持ちが落ち着き、子供達も側に寄ってきて、穏やかに過ごしています。

いい時間です。

被災地の方達に手紡ぎお伝えしている方がいます。

紡いでいると、不安が薄れ希望が見えてくる気がします。

被災された方に必要だと感じました。

原始織も、希望になれば…


「セーターあんで~や~」と息子。

セーターは着ないやろ…
マフラーか、手袋編もうかな。


『謎解きはディナーの後で』を見ている息子。

「しつじになる。僕。」

「しつじって柄じゃないわ…しつじよりひつじになってくれた方が嬉しいし、似合うわ。」
と思ってしまった、私と娘でした。

来年は羊毛刈りしてみたい。
いや、きっとしてます。
そして、いつか、羊さんも飼ってる気がします。


紡ぎを教えてくれたMちゃん、
原始織を教えてくれた先生、
貸してほしいと言ってくれたKさん、
繋がりをくれた沢山の方々に心から感謝。

ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ははのて

Author:ははのて
台湾式リフレクソロジー(若石)
黄土薬草蒸し
昔ながらの暮らしを取り入れ 日々を過ごしたい。