記事一覧

ご飯炊き

まつなが畑での援農の時に、洋子さんから教えてもらったご飯の炊き方。

いつもより少し多めに水を入れ、蓋をして、強火で炊いて


沸騰したら、蓋を開けて、吹きこぼれない程度の強火で(この時に玄米なら20分、白米なら10分でタイマーをセット)



かに穴が開いたら、



蓋をして弱火。
タイマーが鳴ったら火を止め、15分蒸らす。




出来上がり~



いつもより、美味しく炊き上がりました。

いろんな炊き方調べたり、試したりしましたが、一番しっくりきた炊き方でした。

おいしいご飯と
お味噌汁と
おつけものがあれば十分。

たくあんがますます楽しみです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ははのて

Author:ははのて
台湾式リフレクソロジー(若石)
黄土薬草蒸し
昔ながらの暮らしを取り入れ 日々を過ごしたい。